メガネのない生活

レーシックの正しい知識とは

メガネの人にとって、裸眼で生活できることはあこがれです。
そんなあこがれを現実にかえてくれる夢の方法がレーシック手術です。
レーシック手術とは何かご存知ですか?
視力回復トレーニングは人によって効果にばらつきがありますが、適合さえすれば十中八九視力が回復します。
レーシックが人気の理由かこちらにかいてあります。

メガネがないと生活できないって本当に不便ですよね。
普段はまあ良いとして、お風呂とか水泳とか、本当に困ります。
さて、このレーシック、値段も下がり芸能人やスポーツ選手が実際に受けていることから、だいぶ認知されるようになりました。 レーシックの費用はこちらを参考にしてください。

ただ、それでもアメリカほどの認知はされておらず、まだまだ日本では正しい知識を誰もが得ている、とは言いがたい状況です。
ここで少しでも誤解を解いてもらえたらうれしいです。

まずレーシック手術は、基本的には痛くありませんし、怖くもありません。
ちゃんと麻酔をしますし、レーザーを使うといってもほんの数秒から数分、目から煙が出るようなこともありません。
レーシック手術の方法はこちらにかかれていますので参考にしてください。

またリスクについても誤解されていることが多いですね。
目にレーザーを当てるという印象が強いせいか、失敗したら失明というように過剰に怖がっている人をよく見かけます。

ご存じですか?
レーシックによって失明したという例は現在の所1例も報告されていません。
ごくまれに手術後に経過がよくなくて、治療の延長や再手術を受けるケースはありますが、レーシック手術を受けたばっかりにその後、盲目としての一生を送った人は一人もいないのです。

また、レーシックを受けた後、また目が悪くなることがあるというのも嘘です。
白内障など全く別の病気にかかることはあり得ますが、一度治した近視がぶり返すようなことは絶対にありません。
逆にレーシックは誰でも100%視力を回復させることができる、と思っている方もいらっしゃいますね。

残念ながら、誰でも受けられる手術というわけではありません。
レーシックは角膜の屈折率を変えるために、角膜を削ります。
そのため、生まれつき角膜が薄いような人は削ることができないため手術を受けることができません。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.