メガネのない生活

レーシック手術はコンタクトよりも合併症の危険が少ない

近視や遠視といった視力障害克服の手段は歴史を重ねるごとに進化してきました。
メガネ、コンタクト、そしてレーシック。
最近、価格破壊が起こったことに加え、芸能人を積極的に使った広告が功を奏して、メガネの人気が復活してきました。
目に異物を入れなくても良い、安全重視の人や、メガネをファッションの一部と考える人が多いですね。

一方、メガネが似合わなかったり、動きでメガネがずれてしまうことを嫌う人はコンタクトレンズを選ぶ傾向があります。
コンタクトレンズも片目で5万円していた頃がうそのように、ずいぶん安くなりました。
特にメガネよりクリアで自然な司会が確保できて、フレーム破損の心配がないのもあって、近視や遠視のスポーツプレーヤーはほとんどがコンタクトレンズです。

全国で1000万人以上がコンタクトレンズを使っているようです。
そんなコンタクトレンズですが、無視できない問題もあります。
それは年間150万人以上が体験しているというコンタクトレンズによる障害。
指で目に異物を毎日入れるコンタクトレンズは、感染症を引き起こす引き金になります。
特にソフト系のレンズは汚れやすいため細菌を目に入れてしまうリスクが高まります。
また酸素透過率が低く、角膜内の細胞が死んでしまうというリスクもあります。

だからといってハード系コンタクトなら安心というわけではありません。
毎日目に異物を入れていることには変わりありません。
日々のメンテナンスをおろそかにすれば毎日目に細菌を供給することになってしまいます。
このようなコンタクトレンズのリスクは、さまざまな眼病を引き起こすことになります。

具体的にはコンタクトレンズの汚れやコンタクトレンズと一緒に目に入れた花粉やハウスダストといったアレルギー物質が引き起こすアレルギー性結膜炎、長時間目に異物が入る刺激によって起こる角膜上皮びらん、レンズの汚れやレンズの傷などによって角膜の表面が傷つけられる点状表層角膜症といったものがあります。

これらは単に不快なだけではなく、そこから起こるさまざまな合併症が重なると、最悪の場合、失明を引き起こす恐れもあります。
その点、レーシックであれば目の本来の状態である裸眼をキープできます。

http://www.tech-index.jp/4.htmlにも書いてあるように、コンタクトは1日使い捨てタイプだと1枚70円前後、両目だと1日140円で年間に換算すると4万円近くになり、2年以上使えばレーシックを受けられる金額になります。
安全面、コスト面、そして快適性・・・現在コンタクトを使っている方はどちらが得か良く考えて見ましょう。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.