メガネのない生活

強度の近視にはエピレーシック

エピレーシックはエピケラトームという機材をつかってレーザーの照射でフラップをつくる術式です。
レーザーでフラップをつくるという点ではイントラレーシックと同じですね。

このエピレーシックの最大の特徴は、50マイクロメートルのレーザーを使うことで、角膜の上皮だけを使ってフラップをつくることです。
他のレーシックは基本的に角膜全てを切開してフラップを作りますから、切開したときの傷はずっと残りますが、エピレーシックは角膜そのものには傷を付けず、角膜上皮も新陳代謝で再生されるので傷はすべて消えます。

そのため強い衝撃でもフラップがはがれる・ずれるといった心配がなく、ラセック手術同様に強い衝撃や激しい運動をともなう人が選ぶ術式になります。
エピレーシックとラセック手術はレーザー、ラセック手術は薬品をつかうというフラップの作り方にこそ違いはあれ、ダメージに強いレーシックという意味で眼科医療の重要な役割を果たしているのです。

エピレーシックはラセック手術と違い、薬品を使わないためラセック手術より安全性は上だと言われていますが、未だ結論は出ていません。
またラセック手術同様、視力の回復は他のレーシックより早いものの、痛みが強く出る傾向があり、術後しばらくの間、コンタクトレンズを使って目を保護する必要があるなど、術後ケアが難易度も労力も大きくなります。

さらに通常のレーシックに比べ、角膜上皮の再生時に角膜の混濁が起こる可能性が高いことが指摘されています。
また、エキシマレーザーという特殊なレーザーを使うため、ハロやグレアが出たり、色のコントラストが低く見えるようになるといった症状が出る可能性もあります。
もっともハロやグレアの出現やコントラストの低下は一般のレーシックでも同様に起こることです。

エピレーシックの方が出現率が高いかどうかはまだ結論が出ていません。
上記の通り、エピレーシックは他のレーシック以上に術後ケアが大切な術式になりますので、より信頼のできるクリニックを選ぶ必要があります。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.