メガネのない生活

遠視にはイントラレーシックで効果が期待できる

レーシックというとまず思い浮かぶのは近視の矯正です。
実際、メガネを作る人のほとんどは近視用か老眼鏡で、遠視用というのはほとんどありません。
ところで遠視というのはどういう状態なのでしょうか。

近視は近くは見えるけれど、遠くがぼやけてしまってよく見えない状態です。
遠視はその反対で遠くは見えますが、近くがぼやけてよく見えない状態です。
近視も遠視も根本は同じで、光の焦点が網膜で合っていないために起こります。
近視の場合は網膜より前で光が結ばれており、遠視の場合は網膜の後ろで結ばれています。
遠視の辛いところは、近視に比べて頭痛や眼精疲労が起こりやすいことです。

視界としては常に度の強いメガネをかけているようなものですからね。
レーシックは長らく近視の矯正用に使われてきましたが、最近は遠視でもある程度であれば治すことができるようになりました。

近視の場合と遠視の場合では、何が変わるのでしょうか。
角膜の削り方です。
フラップを作るところまではどちらも同じですが、近視の場合は角膜の中心を削って凹レンズ状にするのに対し、遠視の場合は角膜周辺を削ることで中心を盛り上げ凸レンズ状にします。

現在に限って言えば、遠視のレーシックは近視用に比べて効果が薄く、よくても中程度の遠視までしか治せないと言われています。
そこで活用されているのがイントラレーシックです。
イントラレーシックはレーザーで正確にフラップをつくることができるため、より角膜を多く削ることができます。

そのため、通常のレーシックでは効果がでないくらい進んだ近視・遠視に対しても手が出せるというわけです。
イントラレーシックの正確さは遠視の治療に効果があるのはもちろん、正確なカットのおかげでフラップの治りが早く、後々の後遺症・トラブルが起こりにくいというメリットもあります。

アメリカ国防省のパイロットやNASAの宇宙飛行士にも認められているだけのことはあります。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.