メガネのない生活

生命保険や医療保険でレーシック費用を減らせる?

だいぶ安くなったとはいえ、最低でも8万円前後かかるレーシックはそうやすやすと受けられるものではありません。
クリニックの方でも友人や知人を紹介することで割引になったり、地方から出てくる人の宿泊費・交通費を一部負担するなど、様々な割引をやっていますが、それでも高いものは高いです。

レーシックは一度受ければ基本的には一生物ですので、残り寿命で割ればメガネを何度も作り直すよりお得なのも分かるのですが・・・それでもやっぱり高いのです。
そんな時、ふと思うことがあります。
生命保険でレーシックの費用を出してもらうことはできないだろうか、と。

結論です。
ほとんどの場合は無理です。
一昔前はレーシックという物に対して、保険会社がそれほど深い理解を示していなかったため、申請すればもらえたものでした。
しかし今のようにレーシックが身近なものになると話は変わってきます。
日本人のメガネ・コンタクト利用者は相当な数です。
その人たちが一斉に保険でレーシックを受け、用が済んだら解約されてしまっては保険会社がみんな倒産してしまします。

そのため、最近できた保険はほとんどがレーシックを保険対象外にしています。
昔から続いている種類の保険や、一部の生命保険会社が用意している保険に限ってはレーシックも保険の対象になるのですが、この場合は一定期間の加入など条件がつけられていることがほとんど。

レーシック費用だけ出たら解約、という使い方は間違いなくできません。
一度、保険担当の人に確認してみると良いでしょう。
その上で今の保険の見直しをすれば、家計が楽になるかも知れませんよ。

レーシック代と聞いて、もう一つ思い出すのは医療費控除は使えるのかということ。
はい、使えます。
国税庁が公式にレーシックを医療費控除の対象となることを明確にしています。

医療費控除は年間に支払った医療費の額に応じて、税金を控除する制度。
レーシックも視力を矯正するための治療にあたるため、この制度が適用されます。
ちなみにメガネは治療ではありませんので、特別な場合を除いては医療費控除の対象にはなりません。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.