メガネのない生活

ラセック手術は激しい運動をする人におすすめ

レーシックの術式の中にラセック手術という術式があります。
通常のレーシックはマイクロケラトームというカンナのような機具でフラップを作ります。
医師が自らの手で行うため、正確なフラップが作れるかどうかは、医師の技量にかかっています。

一方、今の主流はイントラレーシック。
コンピュータがレーザーでフラップをつくるため、通常のレーシックに比べ、はるかに正確にフラップをつくることができるため、より安全なレーシックになっています。
また、通常のレーシックより薄いフラップを作れるため、より強い近視や遠視、乱視に対応できるのが大きな特徴になっています。

今回紹介するラセック手術の一番の特徴は、マイクロケラトームやレーザーではなく、薬品を使ってフラップを作ることです。
眼球表面にエタノールや塩化ナトリウムなどでつくった薬品を点眼することでふやかせて、接着力を弱くすることで持ち上げられるようにします。
このフラップのメリットは通常のレーシックに比べて薄いこと。

また、機具やレーザーを使ったフラップと違って時間が経つと再生力で完全に傷がなくなります。
より薄いフラップをつくることで、角膜が薄い人でもレーシックが受けられるメリットもあります。
イントラレーシック同様、より強い近視・遠視・乱視に対応できるのも魅力です。

ラセック手術は特にスポーツ選手など、激しい運動をする人が愛用する術式です。
というのも、ラセック手術では上記の通り、フラップを作るときに角膜にできた傷が完全にふさがります。
そのため、しっかり固まればフラップがはげるリスクがほどんどないのです。

だったら全部ラセック手術にすれば良いのでは、と思いますがそううまくはいきません。
ラセック手術にはメリットがあるかわりに、他の術式にはないデメリットもあります。
特に言われているのが、安全面での懸念です。
痛みが強く出ることがあり回復は他のレーシックより遅く、角膜が薬品でふやけているのでレーザーを当てて角膜を削る際、誤差が生じるリスクが高まります。

また他の術式であれば使わなくて済む薬品を目に滴下しなくてはいけません。
さらに術後は当分コンタクトを当てなければいけないなど、より一層の術後ケアが求められると言った一面もあります。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.