メガネのない生活

レーシックには適性がある!

レーシックは何十年のメガネ人生を終わらせてくれる素敵な魔法。
ただ、誰でも受けられるとうものではありません。

まずは年齢。
成長過程でレーシックを受けると、まだ眼球細胞が成長する可能性があり、その後変な症状が出てしまうことがあります。
そのため目の環境が落ち着く頃にならないと受けることはできません。
日本では18歳以上というように制限されています。

妊娠中や授乳中の方も受けることができません。
これはその頃の女性はホルモンバランスが不安定なためです。
また、レーシックを受けた後はしばらく毎日目薬を使わなければいけません。
これが母乳に悪影響を与えることを心配する意味でも、受けられないのです。

当然のことながら、目に何からの病気を持っている人は受けられません。
高血圧、糖尿病、自律神経失調症やうつ病などの治療が終わってからレーシックを受ける場合は、治療証明等を出してもらう必要があります。

以上はレーシックに限らず、医療行為を行う際に慎重な対応が当たり前のことですが、レーシック特有の事情で受けられないこともあります。
その代表が角膜です。
レーシックは角膜を削って、光の屈折率を変える手術なので、削っても十分な量が残る角膜の厚さでないとレーシックはできません。

削れるだけの角膜がある場合であっても、それを上回るほど近視や遠視が進んでいれば、やるだけ無駄ですので手術は行われません。
また、角膜の形状、眼圧、瞳孔の直径、角膜内皮細胞数といったものも検査の対象になります。

ちなみに一般的に言われているレーシックの不適合率は20%前後。
5人に1人は受けられない計算になります。
ちなみに予断ですが、長期間にわたってコンタクトレンズを使う人の場合、まれにですが角膜内皮細胞数の数が減少していくことがあるようです。

健康診断でやる目の検査は視力だけですから、ここまではわかりません。
レーシックの診断を受けることで、意外な眼病がわかることもあります。
緑内障や白内障など、失明の恐れがある病気でも、早期発見で進行を防ぐことが出来ますので、レーシックが受けれなかったとしても定期的な目の検査は受けるようにしたいものですね。
こちらにレーシック手術の流れについてかいてあります。

Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.