メガネのない生活

レーシックの費用相場

レーシックは任意医療です。
これは健康保険を使って3割負担にすることができないことを意味するのと同時に、その料金を医院サイドで決められることを意味します。
そのため、料金はピンからキリまで、さまざまです。

ではいくらが適正なのか。
ほかより安い場合、信頼性に欠けるのか、考えてみましょう。
さて、気になる相場ですが、全国展開している大手で見ると安くて7万円強、上は30万円越えとなっています。
ここに検査やカウンセリングで数千円かかりますから最安値は8万円前後と考えればよいでしょう。

各病院とも若干の差はありますが、この価格帯の中でいくつかコースを用意しているのが一般的です。
8万円と30万円、えらい違いです。
これは、レーシックの術式の違いからきています。

値段が安いのは通常のレーシックです。
アイレーシックやウェーブフロントレーシックは高くなりますね。
ちなみにアイレーシックはより高精度なレーザーを使うレーシック、ウェーブフロントレーシックは角膜のデータを精密にとってから分析して行うレーシックです。

では、術式が変わるとどれだけ変わってくるのでしょうか。
結論から言えば、どの術式だからといって目がよく見える、といったことはありません。
視力を回復したいという点で言えば、どれを受けても大丈夫です。
ただ、最新の機材を使えばやはり手術の精度は上がりますし、感染症などのリスクは減り、傷の治りも早くなります。

オリンピックの射撃やアーチェリーで金メダルを取るような人であれば、視野の違いも出てくるかもしれません。
もっとも、最近ではメスを使って手作業でフラップをつくる通常のレーシックはあまり使われなくなり、ほぼ同額でレーザーをつかってフラップを作るイントラレーシックを採用する医院が増えています。

手術以外のサポートがどの程度料金に含まれるかもポイントになってきます。
術後の定期健診については、ほとんどの医院で無料です。
また、万が一のトラブルに対しての治療・再手術も無料であることがほとんど。
痛みの特別緩和プログラムを無料でつけたり、サポート期間をうんと長くするなど、各医院が差別化を図っています。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.