メガネのない生活

レーシックの体験談から学ぶ

まずはじめにレーシックはレーザーで視力の矯正をするものになります。
レーシックが成功率の高い視力回復手術だと分かって、前向きに検討を始めたら、必ず体験談に目を通しておきましょう。
通院が始まれば、各種注意事項は医院で教えてもらえますが、事前にある程度のことは知っておいた方が、心の準備やスケジューリングがしやすいです。

特に大きいのはスケジュールです。
レーシックは医院に行けばすぐやってくれておしまい、というような単純な治療ではありません。
手術より前にカウンセリングと検査を受けて、レーシックを施せる目かどうかが判定されます。
ここで不適合となれば、レーシックを受けることはできません。

知人などに言うつもりであれば、検査に合格してからにしましょう。
「もうすぐメガネが要らなくなる」などと言い回って、後で受けれなかったでは、ちょっと気まずいですからね。
体験談が一番参考になる、もしくは体験談を聞いておかないと後悔するのは、何といっても手術を受けた後のことです。

レーシックを受けた直後はちょっとした光が、目がくらむほどまぶしく感じます。
そのため、サングラスは必須です。
メガネを使っている人はサングラスは使えないという理由で持っていないことが多いですが、100円ショップのもので良いので用意しておきましょう。

当然のことながら、マイカーでの来院はやめましょう。
個人差があるので、一晩寝れば普通に生活ができる人もいますが、できれば1日は強い光を受けない環境を確保するために仕事を休みたいものです。
特にパソコンを長時間使うような仕事をしている人は大変です。
パソコンのモニタから出る青い光は、目に強烈なダメージを与えます。

また、細かい字を読むのもすぐ疲れ目になってしまったり、飛蚊症が出たりしますので、仕事にいくならそういった目を酷使するような作業は避けるようにしましょう。
サラリーマンの方だと、土曜日にレーシック手術を受け、月曜日から出勤というのが一般的ですよね。
それでしたら、日曜日一杯は日差しが強いところにいくなど、目に負担が掛かるような行事はしないよう、家族に頼んでおくと良いでしょう。

体験談を見ておくと、こういった家族への配慮もできますので、一度くらいは目を通しておいてくださいね。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.