メガネのない生活

レーシックの適応検査とは

レーシックは誰でも受けられるものではありません。
また、受けたとしても施術がうまくいかなければ、失明とはいかなくても、ドライアイや過矯正による疲れ目など、日常生活に不便を感じるようになってしまいます。

そのようなことがないように、クリニックでは綿密なカウンセリングと、適用検査によってその患者がレーシックを受けても不自由なく生活できるかが調べられます。
レーシックの適応検査は学校や会社の健康診断のように視力を測って「はい、おしまい」とはなりません。

裸眼視力はもちろん、メガネやコンタクトでの矯正視力、眼圧、暗所瞳孔径(暗いところでの瞳孔の開き具合)、角膜内皮細胞数、角膜厚、角膜屈折度・角膜曲率半径、角膜形状、散瞳後屈折度、眼底測定、必要に応じて散瞳後屈折度測定といったデータを精密に計測されます。

何度かやり直しをすることもあり、人によっては3,4時間かかることもありますから、適応検査の際はスケジュールを調整して、何もないようにしましょう。
この検査は基本的には無料で行われまが、まれにレーシック後に発症しがちな眼病を予防するため、眼病検査をするところもあります。

こうして検査が終わると、レーシックを受けることができるかどうか、どれくらいまで視力を回復させることができるか、どの術式が最適かが分かります。
ここでじっくりと話を聞き、予算や術後の生活などを付き合わせて検討するわけです。

この検査は基本的には無料です。
検査の結果、レーシックに不適合だと判断された場合はもちろん、別のクリニックで手術を受けても構いません。
それが患者に与えられた権利だからです。

しかし、まれに自分のクリニックでレーシックを受けなければ1万円前後の検査費を請求してくるところがあります。
しかも日本最大手のひとつです。
こんなことが許されて良いはずがありません。

もちろん、あなたが納得するのであれば何も言うことはありませんが、そんな傲慢なクリニックを使う必要がどこにあるのでしょう。
もっと患者の権利を尊重してくれるところはいくらでもあります。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.