メガネのない生活

レーシックには様々な種類がある

レーシックといっても、その種類はさまざま。
それぞれに個別の特徴があります。
共通して言えるのはレーシックによって裸眼でも見えるようようになるということです。

一般的に私たちがレーシックといっているのは、エキシマレーザーを角膜に照射して、光の屈折率を矯正する術式です。
値段も安く、ほとんどのレーシック取り扱い医院で受けることが出来ます。

アイレーシックは一人ひとりの目の状態に合わせてカスタマイズするレーシックです。
高品質な一方で値段は高くなります。
イントラレーシックは器具を使わずにフラップをつくります。
精度が高く、普通のレーシックでは対処できない近視等も治せる可能性があります。

フェイキックIOLは、角膜の中に人工のレンズを挿入する方法です。
角膜の厚さに関係なく適用できるのが特徴です。
エピレーシックは通常のレーシックよりずっと薄いフラップをつくることができるレーシックです。

ほかのレーシックに比べると視力回復に時間がかかるなど、デメリットも存在します。
このほかにもいろいろなレーシックがあり、その技術は日々進歩しています。
より精度、回復率の高い術式が発明される日もくるでしょう。

術式が変われば技術的な難易度は当然変わってきますし、必要な機材も変わってきます。
これらの機材は何千万円もしますから、資金力のない医院では入れられないこともあります。
そのため、それぞれの術式のメリット・デメリットを十分に把握している先生から、自分に最適な術式を提案してもらうなら、全国展開している大きな医院がよいということになります。

基本的に最初のカウンセリングを受けたからといって、必ずその医院でレーシックを受けなければいけないというわけではありません。
それぞれの術式のメリット・デメリット、その日から完全退院までのスケジュール、気になることなどすべて納得してから行動をとればよいのです。

できればいくつかの医院を回って話を聞いてみるとよいでしょう。
もしまったく同じ術式だったら、安いほうで受けたほうがお得ですからね。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.