メガネのない生活

レーシック手術後安定するまでの期間とは

レーシック施術が無事に終わり、今日から快適な視界が確保できる、と喜んでいたのに、なぜか違和感が・・・
視力が安定するまでしばらくかかることがある、と事前に言われていてもやっぱり不安ですよね。
体のことですから、やはりどうしても個人差がありますので、何ヶ月待ったらピタリとなおる、といった断言は残念ながらできません。

ただ、レーシックを受けた人の話を聞くと1ヶ月くらいから徐々に安定してくるという人が多いように思えます。
もちろん個人差があるので千差万別ではありますが、一般的にはまず視力が安定します。
近くにあるものが見えにくくなったり、逆に遠くのものが見えにくくなったりといった状態が徐々に落ち着いてきます。

徐々に視力が上がっていく人もいれば、それまで見えすぎていた状態が落ち着く人もいます。
手術から2ヶ月、長くても3ヶ月ほど経つと、レーシックを受けた人にありがちなドライアイもなくなってきます。
角膜を切開・削る際に神経を痛めてしまったために、涙がうまく出ないのがドライアイが起こる原因です。
これも神経の回復を待って徐々に解消されていきます。

術後しばらくはフレアやハロが視界に出ることを気にする人もいます。
これも数ヶ月で徐々に改善していきます。
もっとも、これは手術によって傷つけられた角膜が治ったというのもありますが、慣れの部分もあります。
角膜をレーザーで焼くわけですから、手術そのものは成功していても、多少の不都合は残る可能性があります。

しかし人間の適応能力は大したもの。
多少の見えにくさなどは、脳内で返還されてしまうというわけです。
たまに普段は何ともないけれど、体調が悪い日や雨が降る日などは、その時の症状が出てくることがある、という人もいます。
古傷が痛むのと同じ事ですね。

肉体的なこともありますが、精神的な部分も大きいので「この点眼薬を使えば治る」というようなジンクスで対応する人も多いようです。
中には1年近く何らかの不調を訴えている人もいます。
異常があれば大事ですが、1年以上経ってからちゃんとしたという人もいます。

3ヶ月目を過ぎてあまりに調子が悪いようであればクリニックで診察してもらい、それで異常がなければそういうものだともうしばらく様子をみてみましょう。
気にしすぎるとますます症状を強く感じてしまいます。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.