メガネのない生活

レーシック手術にかかる時間

レーシックを受けると決心をしてクリニックの扉を開けた人はきっと、カウンセリングや適応検査に想像より遙かに長い時間がかかることに驚くことでしょう。
前段階でこんなに時間が掛かるなら、本番の手術はどれだけかかるやら・・・と今からため息をついていませんか?

ところが、実際の手術はあっけないほど早く終わります。
数十分で終わります。
手術なのにこんなに早く終わってしまって大丈夫なのかと不安に思う人もいるようです。
一番手軽な通常のレーシックはともかく、ある程度のランクのレーシックは全て機械任せです。
ミクロン単位の正確な施術ですので、よほどのトラブルが起こらなければミスすることはありませんので安心してください。

では手術当日に何か予定を入れても良いのか・・・入れない方が良いです。
その後、手術前に最後の検査と問診があります。
視力などを検査した後、目薬タイプの麻酔をさされます。

その日の体調は悪くないか、何か変わったことはないか。
手術の説明。
渡される目薬の説明。
手術当日のスポーツや入浴、飲酒、テレビやパソコンの使用などについての制限。
その他諸々の説明が約1時間にわたって行われます。

これが終わると手術。
レーザーを当てるのは数分ですが、機材の入れ替えなどがあるため30分ほどはかかります。
その後、手術が終わったらしばらくは光がまぶしくて動けないので30分ほどは安静にしていることになります。
大きな流れとしてはこんなところです。

ただ、クリニックによってはその日レーシックを受ける患者さん全員が同時刻に集合させられる場合もあるようです。
その上で1人1人順番に施術が行われます。
運悪く自分が最後だったら10時間近く待たされることもあります。
事前に確認しておくと良いでしょう。

手術後は、普通に物をみることはできます。
ただまぶしかったり違和感が出ることがありますし、目に負担をかけるようなことや、特別に集中するようなことはできません。
慣れないことで疲れるでしょうから、その日は大事なスケジュールは入れないようにして、家でゆっくり休むことをオススメします。
こちらにレーシックの魅力についてかいてありますので参考にしてください。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.