メガネのない生活

17〜20歳未満はレーシック手術に向いていない

レーシックには法的な年齢制限はないのですが、ほとんどのクリニックは18歳から60歳までの患者さんをレーシックの対象としています。
目が悪い子供はたくさんいます。
腕白盛りの子供だったらメガネより裸眼のほうが思う存分遊べるに決まっています。

ではなぜクリニックは18歳未満の子供を受け入れないのでしょうか。
これには視力の推移が関係しています。
10代というのはまだ体が成長過程であり、視力も安定していません。
子供の頃、本を読みすぎたりテレビゲームをやりすぎる生活をしていてメガネを作ってからは、目に悪い生活習慣を改めたのに、加速度的に目が悪くなっていったことありませんか?
これも視力が安定していないためです。

ということは、この段階でレーシックを受けても再度視力が落ちてしまう可能性があります。
クリニックが年齢制限を設けているのはこういう事情があるからです。
視力は一般的には20歳から30歳までの間に安定するといわれています。
もちろん個人差がありますから早々に視力低下が止まる人もいれば、30を過ぎても進行する人もいます。

レーシックを受けるベストタイミングは視力が完全に安定した時期です。
定期的にメガネを作る人であれば、視力検査を受けた際、前回と変わっておらず同じ度数でメガネをつくれるのがひとつの目安になるでしょう。

一方、レーシックの年齢上限はどうなっているでしょうか。
これも法的な定めはありませんが、大体のクリニックは60歳から65歳としています。
上限がある一番の理由は、白内障などの眼病が存在していることがあり、目への刺激でそれが表面化してしまうことがあるからです。

また、レーシックは一部の術式がごく軽度の老眼に有効なことはありますが、原則としては対応していません。
もっともこれはあくまでも各クリニックが独自に定めているものです。

厳格にこのルールを守っているところもあれば、ただ金儲けのためか、重度の近視や遠視で生活に影響が出ている患者への特例措置か、その理由はともかくある程度は柔軟に対応するところもあります。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.