メガネのない生活

老眼はレーシックで改善できる?

現在のレーシックはもっぱら、近視・遠視・乱視の矯正に使われています。
では、同じく目が見えにくくなる老眼の場合はどうでしょうか?
結論から言えば、老眼はレーシックでは治りません。
これは、老眼のメカニズムとレーシックの仕組みを付き合わせれば説明できます。

近視・遠視・乱視というのは角膜での光の屈折率異常から起こるピントのずれで、レーシックは角膜への処置でこれを修正する手術です。
しかし、老眼は目の水晶体の働きの衰えによって起こる視力障害です。
角膜をいじっても不調の原因は別にありますから、視力は改善されません。

では老眼になった人は老眼鏡をかけるしかないのか。
レーシックでは無理ですが、老眼鏡なしでも近くのものを見ることはできます。
老眼治療手術としてあげられるのはモノビジョンレーシックとアキュフォーカスです。
モノビジョンレーシックはレーシックによって片目を近くにピントを合わせるよう治療し、もう一方の目を遠くにピントを合わせるように調整します。

基本的には効き目を遠くが見えるように、反対を近くが見えるようにします。
ただしこの方法には、眼精疲労になりやすくなる、片目で見るので両目で見るときより視力が落ちる、といったデメリットもあります。

もうひとつのアキュフォーカスは、目の中に特殊なレンズを埋め込む手術です。
遠くを見る際の視力をできるだけ落とさずに、日常生活が出来る程度に近くが見えるようになるとされています。
これも眼病をもっている人や過去にレーシック手術を受けたことがある人、40歳未満・65歳以上の人は受けられないといった制限があります。

ちなみに老眼と近視・遠視・乱視になっている場合、レーシックで老眼だけにすることはできるのでしょうか。
老眼自体はレーシックの障害にはなりませんから、条件さえ満たせば可能です。
遠近両用メガネはやはり見え方が不自然になりますし、近くを見るとき以外はめがねを取れるというのはやはり魅力的です。

ただ、老眼と近視両方を持っている人がレーシックで近視を矯正すると、遠くのものははっきり見えるようになりますが、近くのものがさらに見えにくくなることがあります。
近くを見ることが多い人・遠くを見ることが多い人、など自分の生活スタイルを振り返ってどうするのが一番良いか総合的に判断しましょう。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.