メガネのない生活

不正乱視にも効果が期待できるウェーブフロントレーシック

レーシックの中で最も患者にフィットするレーシックの一つ、それがウェーブフロントレーシックです。
ウェーブフロントレーシックの大きな特徴は患者それぞれの角膜の状態に合わせたレーシック施術を行うことです。

他のレーシックでもやっているのではないか、と疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょうから、何をどうフィットさせているのか、少し詳しく解説します。
私たち人間の目にある角膜には、一人一人固有の微妙なひずみがあります。
これを無視して誰でも同じ要因レーザーを当てて角膜を削っては、人によっては手術前より不満が高まる結果になってしまうかもしれません。

そこでウェーブフロントレーシックでは専用の機械を使い、角膜の詳細なデータを収集します。
このデータを元に行われるため、一人一人にフィットするレーシックと呼ばれているわけです。
レーザーを当てて角膜を削るという基本部分は他のレーシックと同じですが、セーブフロントレーシックはすべてコンピュータ制御で施術が行われます。
手元が狂った、といったミスは皆無です。

また、どんなに正確にやっても通常のレーシックでは起こる確率の高い合併症などを引き起こす確率もグッと低くなっています。
このウェーブフロントレーシックの具体的なメリットの一つが、通常の近視・遠視・乱視だけではなく、これまで治療がむずかしかった不正乱視の治療も行える点です。

不正乱視は角膜が原因で起こるものと、水晶体が原因で起こるものがあります。
角膜が原因で起こる不正乱視はコンタクトレンズで矯正できますが、水晶体が原因の場合は治せません。
しかしウェーブフロントレーシックはそのどちらにも対応しています。
まさに至れり尽くせり。

オーダーメイドのレーシックと言うことですね。
ただあえて一つだけウェーブフロントレーシックの欠点があるとすれば、それは他のレーシックに比べて料金が割高になっていると言うことです。
やっぱりオーダーメイドにはそれだけの価値があるのです。
Copyright(C) 効果的な視力回復術 All Rights Reserved.